途中下車の講義

辛いものは苦手です

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会とかいうコンテンツ

深夜テンションで書いたからクソ長文散文すまんな。

 

ツイッターで私のことをフォローするような物好きの皆さんなら「ラブライブ!」というコンテンツが存在することは知っていると思います。

秋葉原が舞台で、新田恵海さん演じる高坂穂乃果ちゃんがリーダーの”μ's”、そして沼津が舞台で、伊波杏樹さん演じる高海千歌ちゃんがリーダーの”Aqours”、これら2つのグループに関してはテレビアニメや映画、また声優によるライブを多く開催しているため、ある程度の認知はあるんじゃないかなと思います。

ところで、この記事のタイトルにもなっている”虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会"は皆さんご存知でしょうか?

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(長いので以下ニジガクと略)は、東京都お台場が舞台で、これまでのラブライブ!シリーズの定番であった「廃校を阻止する」という目的はなく、同好会に所属する9人がお互いスクールアイドルとして切磋琢磨していく…というストーリーとなっています。(といってもまだサザエさん時空状態だけど)

メンバーとキャストについてはリンク見てください。(http://www.lovelive-anime.jp/nijigasaki/member.php)

さて、私は昨年の春ごろからニジガクをちゃんと見るようになり、そのままどっぷりとハマってしまいました。もちろんμ'sもAqoursも好きですが、ニジガクは多分それを超えるんじゃないかなと思います。

では、なぜ私がニジガクにハマったのかというと、私が新しいもの好きだからなんじゃないかなと思います。

「なんだ、それだけかよ」と思うかもしれませんが、ニジガクでの「新しいもの」への挑戦は本当に頑張っていると思います。

設定、シナリオ、グループではなく個人で活動、3つの媒体に分かれての活動、2-3-4でグループ分け、マンスリーランキング、4コマ等々、挙げればキリがないほどニジガクは新しいことに挑戦しているんです。

確かに物議を醸したやつも無いと言えば嘘になると思いますが、手探りで色んなことに挑戦してみる、ってのが高校生らしくて素敵じゃないですか?個人の勝手な妄想ですけど、この調子でどんどん新しいことに挑戦していってほしいなって思います。

最後に、「この声優推してる!」とか、「このキャラかわいい!」とか、どんな理由でもいいから一度ニジガクを見てみてください。別に好きになってくれとは言いませんが、少しでも彼女たちの頑張りを応援したくなったら嬉しいです。そして推せ。

 

 

 

なんだこの文章。さすが理系。